トップ  >  これからの窓を考える

 日本では、アルミの窓が95%のシェアを持っています。

しかし、北欧では95%以上が木の窓です。何故でしょう?

 木は自然素材であるため環境への負荷が少なく断熱性能にも優れています。そして癒しの効果もあり人にも地球にもやさしいと言えます。

これからの窓を考える

 省エネを考えるにはまず窓を選ぶことです。

室内の熱の約50%近くが窓から流失すると言われます。木はアルミや樹脂に比べて断熱性では勝っていますが、気密性、水密性、耐風圧性で劣っていると言われてきました。

 ウッドテック秋富は創業以来培ってきた建具職人の繊細な匠の技を活かし、世界最高水準のドイツ製加工機と、高性能建具金具を導入することでそれらの問題点をクリアーしました。

 ウッドテック秋富の「アキフ フェンスター”プレミアム”」は 国内最高水準の高気密・高水密・高断熱性をクリアーした高性能木製窓です。

       
オーニング窓 トップターン窓 ケースメント窓 サイドターン窓
       
引き違い戸 ヘーベシーベ戸 フィックス窓 ドレーキップ窓
       
折れ戸 ドア その他の窓 塗料の紹介

アキフフェンスター”プレミアム”

日本に息づく木の文化 仕様木材(樹種)について

投票数:39 平均点:4.87

お問い合わせ    

ウッドテック秋富TV

ウッドテック秋富精密加工機

ウッドテック秋富SNS