トップ  >  ウッドテック秋富の取り組み

信州の自然と歴史の中で

 ウッドテック秋富は、戦国武将 真田幸村で有名な真田家発祥の地、信州の上田市真田町にあります。

 この歴史が息づく自然豊かな真田の地で、明治35年創業以来、 神社仏閣をはじめとし、公共施設一般住宅を問わず、建具・家具・内装等で皆様の信頼に応えてまいりました。

 そして今、若いスタッフが技術を競い合い、卓越した技により快適な住空間をトータルにコーディネートできる国内でも数少ない職人集団となりました。

 

ウッドテック秋富の取り組み

 ウッドテック秋富では、高性能木製窓の開発を通し、皆様に快適な住空間の提供と、環境に配慮したゼロエネルギー住宅に向け技術開発を行ってまいります。

 その中で、信州の豊かな森林資源の有効利用を通し、再生可能資源である木材の利点を活かした高性能木製窓の開発は、これからの社会において重要であると言えます。

 今回、新開発したアキフ フェンスター”プレミアム”は、トリプルガラスの使用、框見込み92mm、断熱下枠の採用、気密材の3重構造などの工夫により、一歩先を行く国内最高水準の高気密高断熱窓であることが試験結果から証明されました。

 ウッドテック秋富はこれからも、皆様の信頼に技術でお応えしてまいります。

 

 

  

 

アキフフェンスター”プレミアム”開発Photoアルバム

 

 

ユニバーによる加工風景 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投票数:56 平均点:5.36

お問い合わせ    

ウッドテック秋富TV

ウッドテック秋富精密加工機

ウッドテック秋富SNS